カラーミーショップの評判の嘘と真実。比較をすればわかる選ぶべき人の特徴

ネットショップ比較

14万店舗の開設実績

豊富な情報量

 

カラーミーショップには、多くの情報と運営実績があります。

これからカラーミーショップと契約しようと考えている方、ネットショップを始めようと検討している方に向けて、カラーミーショップを実際に使った感想をまとめていきます。

カラーミーショップの特徴

カラーミーショップは10年以上前から個人向けにネットショップを提供しており、多くの実績があります。

 

当サイトの管理人もiPhoneのケースを販売するネットショップを作る際に、他社と比較をし、料金が安く機能が豊富という理由でカラーミーショップを選びました。

 

そんなカラーミーショップにはどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

集客機能に優れている

一度ショップに訪問した人に広告を表示させるリターゲティング機能があったり、Instagramと連携する機能、グーグルショッピングに掲載する機能が用意をされています。

 

グーグルショッピングに掲載することで、検索結果の目立つ位置に商品を自動的に掲載してくれるため、成約率の高い見込み客を自動的に集客してくれます。

 

ネットショップを運営していて一番困ることは集客なので、集客機能が豊富に揃っているのは高評価になります。

WordPressと連携する機能が用意されている

SEOに強いWordPressにカラーミーショップで掲載した商品を自動的に登録してくれる機能が用意されています。

カラーミーショップ事態にもSEOを上げるための機能が内蔵されていますが、WordPressを使って2つのドメインで集客をかけることで、より間口の広い集客が可能に。

 

ページの生成は自動で行われるため、設定を済ませた後は何もしなくても勝手にWordPressで作ったサイトに商品が掲載をされていきます。

越境EC対応

WorldShoppingBIZというサイトに商品を掲載し、世界125カ国に商品を販売することが可能になります。

 

海外向けに商品を販売する仕組みを1から作ろうとするとかなり大変なのですが、このオプションを利用するとWorldShoppingBIZが注文の取次から発送、顧客サポートまで全てを代行してくれるため、とても少ない負担で海外向けに販売を開始することが出来ます。

豊富なデザインテンプレート

ネットショップを作る上でデザインを業者に頼んだり、自分でHTMLやCSSを編集するのは大変です。

カラーミーショップであれば無料で利用することが出来るデザインテンプレートが複数用意されているため、そのまま使うことが出来ます。

 

カラーミーショップのデザインはスマホへの表示にも対応しているので、デザインに費用や手間をかけずとも最初から運営に集中していくことが出来ます。

無料セミナーが充実している

これからカラーミーショップでネットショップを作る方に向けた無料セミナーが多数用意されています。

公式サイトから申し込みができる他、You Tubeには専用のチャンネルも用意されており、ノウハウを無料で勉強することが出来ます。

利用ユーザーが多く、調べれば問題を解決することが多い

カラーミーショップは歴史もユーザー数も多いため、困ったことがあっても調べれば解決する事が多いです。

カラーミーショップのカスタマイズや設定に精通している業者も多いため、自分でできない際にも設定を頼みやすい土壌が整っています。

トップセラーと連携してドロップシッピングを行える

在庫を持たずに商品を販売できるトップセラーとの連携にカラーミーショップは対応をしています。

1クリックで商品の在庫を自動で入れ替えることが出来るため、登録商品数が少ない方や、扱う商材が決まってない方にはトップセラーがおすすめです。

カラーミーショップの残念な所

カラーミーショップには充実した機能が揃っていますが、残念な点もあります。

決済手数料が高い

クレジットカード決済を利用するために、外部の機関との契約が必要となり、毎月維持費が発生をします。

 

この維持費が驚愕の料金設定になっておりまして、

VISA、マスタカード、ダイナーズ → 月2,500円〜

JCB、アメリカン・エキスプレス → 月1,000円〜

なんです。

 

これらは売上が全く発生しなくても、月額利用料金とは別にクレカ決済の維持費を取られるため、最初の間はかなりキツイです。

1個も商品が売れなくてもカラーミーショップの利用料金とは別に、3,500円が勝手に引かれていくという事ですからね。

 

開設したばかりのショップにとってこれはかなりの負担になるのではないでしょうか。

 

これだけ高い手数料を支払うにも関わらず、決済手数料はかなり残念な設定になっており、4%〜5%の決済手数料がクレカ決済で発生をします。

 

クレカ決済以外だと、アマゾンペイ、楽天ペイ、LINEペイにも対応をしてくれているのですが、こちらも月額費用が2,000円それぞれに発生をするため、3つの決済を利用しようとしたら6,000円が毎月発生。。

 

コンビニ決済にも対応をしていますが、これも月額1,000円の維持費が必要。

 

全ての決済オプションを契約すると10,500円が決済費用の維持だけで発生をします。

 

これは率直に高すぎると思います。

このお金でもっと機能が充実したネットショップを2つから3つは契約出来てしまいますから。

ディスク容量が少ない

一番安価なエコノミープランだと容量が200MBしかありません。

現在はスマホで撮影した写真でも5MB程度の容量があります。

1枚の画像サイズを5MBと仮定すると60枚しか画像を登録できない計算になってしまい、容量不足となります。

 

圧縮をしてアップロードすれば容量は小さく出来るものの、手間が面倒です。

無料で利用できるBASEはデータ容量の上限はありません。

 

カラーミーショップは有料なのに上限があり、その上限が少なすぎます。

 

ちなみに上位プランはどんな感じかと言えば、レギュラーでも5GB、最上位プランのラージで100GBという状況。

ラージプランにすれば容量に関しては不安視する必要はなくなりそうですが、ラージプランの月額費用は7,223円と非常に高額な設定です。

個人にはあまり向いていない

カラーミーショップが向いているのは主に法人ユーザーです。

会社としてある程度規模が大きいネットショップを作りたいといったニーズに、カラーミーショップは適しています。

 

これからネットショップを始める個人の方や、未経験の方はまずはBASEからはじめて、ネットショップ運営に慣れていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました